本文へスキップ

不動産鑑定士の仕事・資格が分かる

不動産鑑定士の資格と仕事

不動産鑑定士のすべてが分かる

TOPICS

不動産は民法上、土地と建物とされています。

日本において、土地が商品として自由に流通するようになったのは、明治になってからとなっています。

商品になるというのは、値段が付き売買されるようになったということです。

もちろん、そのためには評価というものが必要になってきます。

土地は他の商品とは異なり、取引する市場がありません。

そのため、土地土地について個別に値段をつけなければならないのです。

売買は相対で行い値段を決定することになりますが、地租を取るため、担保を取るため、また様々な場面において土地の価格を証明するために、土地の 評価の必要性が高まってきたのです。

その後、日本経済が高度経済成長の波に乗じて、地価が大幅な上昇をしたことに伴い、合理的な土地価格の形成のために昭和38年に「不動産鑑定評価に関する法律」が交付され、昭和39年に施行されました。

不動産鑑定士という職業は、一般には馴染みがありません。

周囲に訊ねてみても、その存在を知る人は10人に1人といったところでしょうか。

けれど、相続税路線価評価、固定資産税評価、その基礎となる公示価格、基準地価格の評価などで、間接的に一般の人の生活に密接な関連性を持っているのもまた事実なのです。


資格取得スクール紹介



自律神経失調症 改善法薬を使わない優しい方法で治せます。瞬間湯沸かし器 ユーマッハであっという間にお湯が沸く!しかも節電!薬用リョウガでみるみるボリュームアップ!髪がよみがえります。ジャムウハーバルソープであなたもすべすべお肌に!シトルリン配合!最強のサプリメント!

バナースペース