本文へスキップ

不動産鑑定士の仕事・資格が分かる

不動産鑑定士の資格と仕事

不動産鑑定士の仕事/不動産鑑定士のすべてが分かる

不動産鑑定士の仕事

不動産鑑定士の仕事には大きく分けて不動産鑑定評価書作成業務と不動産カウンセリング業務に分けられます。
不動産鑑定業務は、定期的な鑑定評価のひとつとして、国や都道府県が行う「地価公示」や 「都道府県地価調査」「相続税標準地の鑑定評価・固定資産 税標準宅地の鑑定評価」があります。

そのほかにも公共用地の取得や裁判上の評価、会社合併時の資産評価なども行っています。

また、カウンセリング業務は、主に不動産のエキスパートとして広く個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定をはじめとする総合的なアドバイスを行っています。

『不動産鑑定評価基準』には、 「不動産の現実の取引価格等は、取引等の必要に応じて個別的に形成されるのが通常であり、しかもそれは個別的な事情に左右されがちであって、不動産は適正な価格を形成する市場を持つことが困難である。

したがって不動産の適正な価格については専門家としての不動産鑑定士の鑑定評価が必要となるものである」と、あります(抜粋)。

いわば、市場の代行機能としての役割が不動産鑑定士の仕事ということでしょう。

不動産の鑑定評価の対象となる主な類型は、宅地(土地)については、更地、建付地、借地権、底地、区分地上権等があり、建物及びその敷地(土地と建物)については、自用の建物及びその敷地、貸家及びその敷地、借地権付建物、区分所有建物及びその敷地等があります。


資格取得スクール紹介

バナースペース