本文へスキップ

不動産鑑定士の仕事・資格が分かる

不動産鑑定士の資格と仕事

不動産鑑定士の将来/不動産鑑定士のすべてが分かる

不動産鑑定士の将来

資格取得者の数が少ないので独立しやすいといわれている不動産鑑定士ですが、実際は年々飽和状態に近づいています。

たいていの開業者たちは、ひとまず簡易鑑定などの単価の低い仕事をこなして、細かい公的業務への食い込みをにらみつつ、仕事をくれる人脈拡大を図 っていきます。

不動産鑑定士は廃業者が出るほどではありませんが、300万前後の低い収入からのスタートは免れないようです。

これから不動産鑑定士を目指す方、不動産鑑定士として独立を目指す方は覚悟が必要です。

基準値の減少、鑑定士数の増加など、従来の鑑定業務のみでは不利な条件はそろっています。

不動産鑑定士の資格取得後、個々の研鑽、努力がますます必要になることでしょうし、近年では証券化がらみの仕事も増えてきています。

従来の不動産鑑定士の業務以外でのプラスアルファの知識、技術を加えることでビジネスは拡大します。


資格取得スクール紹介

バナースペース