本文へスキップ

不動産鑑定士の仕事・資格が分かる

不動産鑑定士の資格と仕事

不動産鑑定士の収入/不動産鑑定士のすべてが分かる

不動産鑑定士の収入

不動産鑑定士の年収はどの程度なのでしょうか。

不動産鑑定士という資格が難易度の高い試験に合格しまたさらに実務経験、それも不動産鑑定士になるための実務を少なくとも1年3ヶ月以上必要とするものである事を知っておく必要があります。

当然ながら、不動産鑑定士は有志格専門職でありますから年収は高いものと予想できます。

不動産鑑定士の試験に合格し実務修習を行うとき、就職先で実務修習をする場合は、給与が発生します。

そのときは、不動産鑑定士の資格取得を目指す事が条件となりますが、年収は300万円~400万円と言われます。

見習いであっても専門職ですし、実際には不動産鑑定士ではありませんが有資格者ですから、年収は低くはありません。

実際に不動産鑑定士になると年収は勤め人でも700万円以上になります。

この額は当然ながら職能によって増額されます。

若いうちに不動産鑑定士を目指し、その試験に早々と合格し、一定の職能を示せれば、同年代の一般のサラリーマンの何倍もの年収を得る事も可能という事になります。

不動産鑑定士は独立して鑑定事務所を設立する事も可能で、一人で数千万円という年収の方もいるようです。

これは、仕事のある限り、寝る間も惜しめばいくらでも収入を上げられるという部分により達成可能となります。

古い慣習が残っており参入が難しいとも言われますが、地方では不動産鑑定士の数が少ないため仕事は十分にあり、十分以上の年収が見込めるようです


資格取得スクール紹介

バナースペース